ウクレレ☆サイズ★ライフ

Archive for 7月 24th, 2010

今日はショップ主催の富士山裾の一周ツーリング。参加者19名

朝の3時半に起きて、準備。

昨晩、ほとんどの準備は終えていましたが、やはり朝はバタバタするもの。

4時半出発予定が15分遅れ。

焦って品川へ向かう。到着して、自転車を輪行袋に仕舞い、無事予定の電車に。

早朝の電車にも関わらず、車内は結構混んでて、あっという間に通路まで一杯に。

普通列車のため、停車駅も多く、出口付近に置いた自転車の見張りが大変でしたが、国府津で乗りかえてからは、単線になり、のどかなもの。車内にトンボまでいました。

御殿場に到着したら、すぐ、同じ電車で輪行できた方など参加者たちと合流。

が、車組が事故渋滞で大幅に遅れているとのこと。

仕方ないので、みんなで駅前のマクドナルドで2時間近くまったり。

やっと開始したころには、すでに太陽はがっつりあがっており、本日のツーリングはまさに暑さとの戦いになる予感

まずは篭坂。16キロぐらい坂を上り続ける感じで、いきなり辛い。

集団走行は他の人のペースに合わせるのが大変で、全くの初心者のグループだと道路走行に慣れていないので、後ろを走るのは辛く、速いグループは追いつけない。ちょうどいい感じはなかなか見つからない。

私もそれなりに、この1年間、多少の距離は走り、この数か月は500キロずつぐらい乗ってるのですが、始めたばかりの男子にどんどん先に行かれます。若いし、男子だし、仕方ないし、他の人と競っているわけではないので、自分のペースで、自分の能力アップを念頭に置いて、これからもやり続けられるモチベーションを失わないよう上り続ける。

とはいえ、六本木の店舗は男性も若い人ばかりではなく、社会的にも、重要なポジションになっている人も多いようですが、みんな仕事のプレッシャーから解放され、早い人も、遅い人も、子供以上に伸び伸びイキイキと自転車を楽しんでいるのが、伝わってきて、自分も元気になります。

先に登った人はのんびり待っていてくれます。

速い遅いはあくまで自分の中での戦いなので、いろんな景色を、苦しすぎず、楽しんで、行けるようになりたいな。

今回、サポート車もついているので、何回か、「もうやめようかな~」とも思いましたが、最終的には無心でとにかく脚を回しているうちに、いくつかのアップダウンを乗り越え、なんとか完走できました。

速くはないですが、沖縄のとき同様、一度も脚はつかずに回れました。しかし、今思うと、沖縄のあれは坂じゃなくて峠だな・・・。

途中、コースを外れる人が出たり、落車する人がいたり、脚がつったり、大人数ならではの予想外の出来事も楽しさの一つでした。青空なのに、富士山が観れなかったのは残念。でも夏のイベントって感じでしたね。

猛暑で、サポート車に用意された水はすっかからかんに。

最後は近くの温泉入って、念願の生ビール飲んで、電車の中では二人ともかなり寝てしまいました。

犬っこたちも上手に無事に留守番してくれてよかった。

暑い時期なのでお家に置いて行くのは心配なのですが、トイレもきれいに使っていたし、ほんとオリコウさんでした。


Calendar

2010年7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

いくつになったの

Archives

twilog

携帯用QRコード

QR


  • Doc: Hey, that's powlrfue. Thanks for the news.
  • MEL: >michiさん ご無沙汰です〜。 まあ、いろいろって感じですが・・・ (^_^;A MIKIさんからお聞きになってるかな
  • michi: お久しぶりです。 長い間更新がなかったので何かあったとは思っていましたが… お互いこの歳にもなれば、
  • megumi: >マーレママさん ご無沙汰ですー。いろいろバタバタしておりましたが、やっと再開できました。またよろ
  • マーレ母: お久しぶりです
  • MEL: >ちまきさん ご無沙汰しております! なんだかいっぱいいっぱいで、ブログも 書きなぐりっぱなしで、や
  • ちまき: お忙しそうですね~おつかれさまです! お地蔵さんも涼しげな色に衣替え♪ なんだか毎日暑すぎて、散歩も

About

チョコダップルの小粒のMダックス、母マロンと、娘イチゴ、飼い主MEL(私)と相方ガフの日常のブログです!ウクレレの教習本になぜか「ウクレレはちょうどミニチュアダックスぐらいのサイズです」と、例えてあったのが可笑しくて、このタイトルに決めました。カメラ、自転車が趣味です。デジタルグッズ好きは・・趣味ではなくお仕事(なはず)です。

被災地支援表明ウェブ〔できること〕

支援物資のエントリーはこちらから - 被災地支援表明ウェブ〔できること〕

Twitter