ウクレレ☆サイズ★ライフ

Posts Tagged ‘Dogホテル&お預け

カーテンあけるとなんか晴れ・・・?窓から見た駅前の上には青空らしきものが!

とりあえず、ビュッフェでご飯食べに。朝からイクラ丼ですよー。自分で小ドンブリ作れちゃいますから。

部屋に持ち帰れるようにコーヒーショップにあるようなカップも置いてあって便利。
ペット同伴プランもあるんですが、エレベータも分けてあったりして、なかなか至れり尽くせり。最近のビジネスホテルはほんとにコンビニエントですよねー。


さて、相変わらず予報は降水確率が高いけど、ジャージの上だけは着て滝川を目指す。
ピーカン、とはいかないけど、そこそこ青い部分も。。北海道は空が広いので、雨雲が遠くから迫っているのやら、雨雲の上の青空やら、お天気図のように見えちゃいます。
でもラジオでも道北は午後はどしゃ降りで100mmとか言ってるし。
念じながら、滝川へ120キロほどを一時間半ぐらいで。


近づくにつれ、青空が・・・・。
滝川のコンビニで自転車を組み立て、不要なものを、最終ゴールのガフ実家へ宅配便で送る。ガフの運転用のスニーカーもここで捨てる(すでに捨てようと思っていたものをあえて履いてきてたので)。


そして飛行機用の大きな輪行袋をまとめて旭川空港に送ろうとしたのですが、クロネコが旭川空港にはないらしく、遅れないことが発覚。しかたないので、今晩泊まるホテルに送る。一応、確認しておいたので、快諾。
宅配便のアレコレもコンビニの方がとても親切に対応してくれました!北海道のひとは優しい!!!
ガフは宅配便を出してる間に、レンタカーの乗り捨て場まで自転車を乗せて返しに行く。私はふと気付くとアームウオーマーがない。あれ?行く準備してるときにイチゴがちょろちょろ持ち歩いてたけど、どっかに隠されたかな〜。ま、仕方ない!日焼け止め塗って・・・!


まずは滝川から富良野までの60キロ弱!


正直、昨日東京を出るときは、「自転車置いていく?」っていうぐらい、予報が全部雨だったので、ほぼ諦めてたんですが、これだけ晴れてくれれば十分!超嬉しい!!
たくさんのトンボが舞う、広ーい空の下をガンガン走る。信号がなくて最初の15キロぐらいで信号2個。平均時速=現在の時速って感じで斜度もなく、超快適です!!!
途中、ガフがチェーンが外れていたのですが、お構いなしに、先を走ってしまいました。気がつくと息も乱れてないのに平均35キロとか出ていてビックリします。ロングライドの最中にこんなに楽しかったのは初めてぐらいではないでしょうか。気持ちよかった!
20キロぐらいで芦別の道の駅に到着。夕張メロンのソフトクリームがフレッシュで激うま!
今回行く前に、円高を利用してwiggleでtopeakのフロントバッグを買ってつけていったのですが、これがかなりイイ!
内部にクッションがついてるので、cameraを入れても安心だし、外すとウエストバッグにもなるし、小ぶりで邪魔にならない。ハンドルバーを占領されそうですが、コンピューターマウントバーも付属されているので、ガーミンはそちらへ移動。


私は、これとdeuterの一番小さなサイクルリュック+サコッシュで走りました。
ガフはもう少し大きめの私のdeuterリュックとサコッシュ、サドルバッグをいつもより大きめのTopeakのものにして。


着ていた服と1泊分の下着、タオル、レインジャケット、ウインブレ、鍵、洗面道具、携帯靴(モンベル)、携帯電話、iPhone、camera(メモリーカード&バッテリー)、チューブ&空気ボンベを入れて調度ぐらいですね。ちなみに、ガイドブックは昨日の朝、必要なところを自炊してiPhoneで見られるようにしておきました。大きいリュックとフロントバッグはレインカバーも付いているのですが、ほかはないので、一応ゴミ袋も。ボトルケージには、ボトル1個と小さい輪行バッグをつけて。


TOPEAK(トピーク) コンパクトハンドルバーバッグ&ファニーバッグ ブラック BAG164/TT3016B
TOPEAK(トピーク) コンパクトハンドルバーバッグ&ファニーバッグ ブラック BAG164/TT3016B
TOPEAK(トピーク)
売り上げランキング : 32874
Amazonで詳しく見る by G-Tools
[ドイター] ウルトラライド
[ドイター] ウルトラライド
deuter(ドイター)
売り上げランキング : 339
Amazonで詳しく見る by G-Tools



人が少ないので、置きっぱなしでも割と安心・・・?

富良野が近付くにつれ、どんどん天気に!
北海道の道路の特徴。信号は車用も縦長。そして雪に埋もれてもわかるように↓が車道の端を示しています。
少し登ってたりするんですけど、道がまっすぐで終わりまで見えます。ちょっとずつ登る感じで、すぐ下りもあるし、いつの間にか標高が高くなってる感じ。


下って行くときは、空に吸い込まれて行くみたいです。気持ちイイー。
そして、やっと富良野に到着!新プリンスホテルにお目当てのカフェがあるようですが、ちょっとコースから外れているので諦めました。なぜなら、天気がいいうちに少しでも沢山走りたいから。


「だうんひる」というショップ&カフェでマンゴージュースとソフトクリーム。このジュースがまたびっくりするぐらい美味しい!
この季節になると、どこでも見るけど、旅先で見ると、また、気になる「マロン」「イチゴ」の文字。。


富良野駅で記念写真。
ここから美瑛方面へは、いわゆる花人街道で花畑のキレイなファームが点在してるらしいのですが、これも観光に時間をかけてる暇がないので、ひたすら先へ。


視界の下の方まで空が見えるので解放感が半端ないです。
ガイドブックで有名な「サンタのひげ」。名物スイーツの目立つオブジェ。進行方向の右側です。


ハーフカットは多いので1/4カットで。1つは小豆のせ。この小豆がまた疲れた体に!


北海道の畑って何が違うのかなって思ったけど、段々に整地されてなくって、斜面のまま耕されてて、区画も広いから、広大な感じがより感じられるのかな。


ちょっと登りがきつくなってきたなと思ったら、ちょっとした峠でした。
この辺から、ちょーーっと雨雲が・・・(;・∀・)


峠を越えると反対側は路側帯がまだ濡れている。・・・ということは、雨が降ってたってことかな?


唯一道路沿いに会った花畑。今の時期はラベンダーは終わっていて、サルビアとかがきれいでした。


美瑛まであと5、6キロという辺りでぽつぽつ降り始めたかと思うと、あっという間にどしゃ降り。。
こんなとき、沖縄や、茂手木で味わった根性が・・・。


必死でたどり着いた美瑛の駅構内の待合室で自転車をバラして、輪行袋に、と思ったら、駅員からダメだしが。
「ほかのお客様のご迷惑になるので、駐輪場でお願いします」とのこと。
・・・ほかのお客さまって・・・?この雨ですから、2人ほど座ってるだけで、20個ぐらいベンチのある待合室はがらーん。。


「雨だし、すぐ終わるので」と、食い下がるけど、一向に変わらない。100m先の駐輪場まで持って行ってやれとのこと。


一応、屋根もあるからね。仕方なく雨の中、押して行って作業。でも駐輪場の方が通路が狭くて、自転車取りに来た人に迷惑だったと思う。北海道に来て、はじめて感じ悪い人に会いました。JR北海道ーー!!(だから社長が行方不明・・・って、数日後に小樽で、ご遺体で発見されましたが。合掌。)


美瑛の思い出はこれしかなく、本数も少ないので、準備ができたら、すぐに次の列車に乗る。
旭川まであと20kmぐらいだったんだけどなー。車窓から見ると、雨は降ったりやんだり。。


30分ほどで旭川駅に到着。これがまたモダンですっごくきれい。
富良野も美瑛も思ったより街も駅も小さかったですが、旭川は清潔な吉祥寺ぐらいの都会ぶりで、駅前は東京都なんらかわりません。
自転車を組んで、駅からちょっと離れたロワジールホテルへ。このホテルは飛行機とのパックだったんですが、すごくきれいでいい!自転車もクロークで預かってくれました。とりあえず、明日も乗れるかもしれないので、ジャージなどを洗濯してシャワー。


街へ食事にでるけど、こんなにお店があったら、ガイドブックなんかのじゃないところへ行かないと。。。
ホテルのおススメグルメというチラシを見て、海鮮飲み屋の旅篭(はたご)を選択。最初は満席だったんですが、よさそうな香りをかぎつけたので、近所のコンビニで待つことに。15分もしたら連絡がきたのですぐに駆けつける。
予想以上に美味しい!!!
いくらと鮭の焼き飯。量もたっぷり。フェイスブックで「イイね」すると、おすすめが1品タダですよ。


お腹一杯幸せでホテルに戻り、オプションのスパに行ってみようかと言っていたのに、そのまま寝てしまう。


★今日のマロイチ

今日のイチマロちゃん♪
朝からマロンちゃんのご機嫌はななめ!?
近付くと「ウゥ~!」と唸っていました↓
いっちゃんは「おはよ~!」と尻尾をブンブン♪
マロンちゃんの様子を全然気にしていないいっちゃんに笑っちゃいました!!(笑)
扉を開けて、挨拶をしながらいっちゃんを撫でていると・・・
後ろからヒョッコリ、マロン母さん近付き一緒になって撫で撫で☆
本当は甘えたかったんだよね!!
いっちゃんよりも警戒心が強いでね!
朝のお散歩も元気よく出発☆
マロンちゃんも足取り軽やか♪
もちろんいっちゃんも絶好調ですよ~!!
2匹ともすぐにオシッコをしてくれました◎
写真撮ろ~と張り切って公園に寄り道♪
いっちゃんもマロンちゃんも甘えん坊さんに大変身☆
止まると抱っこ抱っこ~と足元でカリカリするマロン母さん。
しゃがむとすぐに飛び乗ってくるいっちゃん。
2匹でペロペロして、膝の取り合いしていました!!
相変わらず可愛すぎます☆(≧∀≦)
お陰で写真はなかなか撮れず・・でもたくさん癒されちゃったからいいんです!(笑)
ご飯は2匹ともいつもよりもかなりイイ食いつき!!
お昼までに半分まで食べてくれましたよ◎
昼間の時間がある時に店内で遊ばせました!
看板犬達がいると動くのが控えめになってしまうので、イチマロだけで遊びましたよ♪
マロンちゃんの大好きなサッカーボールを出してあげると、「それって・・!?」とまるで目が輝いたかのよう!!
本当に大好きですよね☆
サッカーボールで遊んでいる時間が1番生き生きしている気がします!
前回同様にいっちゃんも追いかけるものの・・・持ってきてくれず↓
相変わらず、自由に店内を動き回っていました♪
いっちゃんはおもちゃがなくても、楽しそうに動き回ってくれるもんね!!
他のスタッフにもたくさん甘えて、違うスタッフにもかなり慣れてますよ☆
夜のお散歩は涼しくなってから行きました!
朝の帰り道はどんどんスピードが落ちたマロンちゃんですが、夜のお散歩では!?
一緒でした~!(笑)
行きはかなり快調な足取りなんですが、帰りは足取りが重そう。。。
ゆっくりゆっくりでも最後までちゃんと歩いてくれましたよ!
いっちゃんは問題なしです!!(笑)
常に楽しそうにかつ元気よく歩いてくれました☆
むしろ、お散歩の時間だ足りないぐらいだったかな?
お散歩でちゃんとウンチもオシッコもしてくれましたよ◎
とっても元気にしているので安心してください!!

さて、本日から北海道輪行旅行

予定は1日目:新千歳空港 → 小樽(1泊)
   2日目:小樽(レンタカー)→滝川(自転車で120km)→  富良野 → 美瑛 → 旭川(1泊)
   3日目:旭川(自転車で120km)→ 遠軽(ガフ実家1泊)
   4日目:遠軽(車)→ サロマ湖 or 旭山動物園旭川空港 → 帰宅


 ※犬たちは1日目の朝ペットホテルに預けて、帰宅の翌日帰ってくる予定。


というわけで、途中、自転車に乗るので輪行バッグ以外は細いリュックとサコッシュ1つの出で立ち。小樽のホテルには月曜日の夜に宅配便で着替えやヘルメット、シューズ等を送り済み。


午後の便なので、11時に犬のお迎え。いつものIさんが来てくれる。
マロイチは朝からなにか気配を感じつつも、お迎えをみて「くそうー、やっぱり預けられるのかー」と吠えて抵抗するもアッサリクレーとに入れられてバイバーイ ヾ(*´д`*)ノシ。この時が一番寂しいよー。


さて、私とガフはその30分後に荷物を持って家を出て品川までのタクシーを捕まえる。ちょっと大きなのが拾えたので、2台一緒に乗る。ガフは助手席。私は自転車と後部座席。運転手さんいい人だし。いい感じの出だしです。
品川から京急で羽田空港へ。


羽田に着くとすぐにカートがあり、これまたスムーズにチェックイン。
ANAは自転車に理解が深いので、カウンターでも「自転車ですねー」と、向こうから言ってくれて対応がいい。


さて、お昼ご飯を空港のレストランにて。


隣のnenrinyaというバームクーヘンカフェの店は生ビールがキンキンに冷えて供されていて美味しそう。

気になったのでアイスコーヒー買ってみる。美味しい!


搭乗して、1時間半ほどで新千歳空港。
すぐに自転車も出てきたので、受け取ってレンタカーの営業所へのシャトルバスに。
車はいい感じの大きさでナイス。傘も借りていく。


小樽に向けて走り出すと、降り始めの小雨がだんだんと本降りになり、明日の心配が募るけど、こればかりはどうしようもないので、まずはお目当ての「あまとう運河店」へ。


なぜ、お目当てかというと、ガイドブックで見つけた、この店のイチオシ「マロンコロン」というお菓子に季節限定で「イチゴマロンコロン」というのが出ているからなのです!(Webにはマロンコロンの歌も流れている!)

ホテルのチェックイン前に雰囲気のある小樽の町並みを歩いてみる。

神戸と京都を混ぜたような佇まいの小樽。関東で言うなら、横浜と鎌倉を混ぜた感じ?そこに運河が流れているので、ちょっとイタリアというか、ベネチアのようでもあり、ベネチア同様、ガラス工芸も名産。綺麗なグラスをセットで買いました。全体にこじんまりしたかわいらしい街です。

ホテルにチェックイン。駅のそばの新しいホテルでビジネスですが温泉がついています。

運河沿いの雰囲気系も一旦とったのですが、直前に手配したので、口コミがイマイチなところだったようで・・・思い切って口コミのよいビジネスのほうにしてみました。狭いけど、まあ、いいかな?

1階にはルタオも入っていてダックワーズを買ってみる。

運河を目指してプラプラ歩いていると、面白い看板が目に付く。小樽ではなぜかホラーな感じのカラオケが流行っているらしく「スリラーカラオケ」とか「監獄カラオケ」とかあるんですが、これってどんな内容なんだろ。。。

歩道に突然、昔の線路の名残が。。

さすが、運河沿いは雰囲気あるなぁ。。ちょっとガスってる感じがまた・・・。

運河沿いのホテルは昔の洋館という感じでいい雰囲気です。

運河沿いの倉庫をいくつか過ぎると・・・。

小樽倉庫No.1というビールレストラン。

ビール製造工場風の内装・・・ていうか、製造もしてるらしく、見学も無料で受けている。

まずは北海道1杯目!!

このあと、お寿司屋さんにもいくつもりなので、白ソーセージとフライドポテトのみで。。
ガフはもう1杯!


さて後ろ髪引かれながらも、寿司屋を探して店を出る。こういう路地が雰囲気あるな~。ほんと京都とかイタリアっぽい。

さて、観光のひとにお馴染みの寿司屋通りに到着。

わかりやすく、ショーウインドウもありますが・・・。なんだろ、値段的にも雰囲気的にも観光客向けの空気ぷんぷん。

1軒良さ気なところを見つけたのですが、そこは7時半で終わり。ていうか、ガラス工芸の店のお姉さんにも言われたのですが、小樽は夜がとっても早いらしくて、お店は7時、飲食店でも8時にはみんな店じまいしちゃうらしいんですよ!

迷っているうちに、どんどん閉店時間になって行く様子。

ちょっとのぞいた激安スーパーではこんなに安い玉ねぎが。小ぶりなタイプとはいえ、これは安い・・・。


結局、無理して食べるのもなんだな、ってことで、帰ろうとしてたら、小さな飲食店の集まるスペース。


中に入って行くと、屋台村みたいなスペースが。
地元の人らしき人たちが和気あいあいと楽しそうに飲んでいる。
1店舗10席あるかな、っていうぐらいの店が5件ほどある中、椅子が空いてるところが1軒あったので、のぞいていると、仲の人から、「どうぞどうそー」と招きいれられる。


ここにも6人ぐらいの男女が、カウンター席でどこまでが一緒に来た人なのかわからない感じで飲んでいる。
端っこに座らせてもらって、ビールを頼むと、隣の人も、その隣の人も、新たに頼んだ品物を、「これ、たべてみてー」とこちらに回してくれる。私たちが頼んだものも、ママさんが「いつもは2個だけど4個にしといたよー」と、ほんとに気さく。


すっかり仲良くしゃべって、いい気持ちでホテルに帰る。
ホテルの目の前は小樽駅なので、窓からキレイに見える。
ホテルのサービスで夜泣きそばを無料で提供してるので、二人で一杯をいただく。
ちぢれ麺で美味しい。


このスペースでは生ビールの自販機もあるので、温泉に入ってもう一回寄って生ビールを飲んでやっと就寝。
明日、すこしでもいいから晴れるといいなあー。


★今日のマロイチ
イチゴに比べてドヤ顔のマロン。


今日からイチゴちゃんとマロンちゃんをお預かりしています、○○です♪
イチゴちゃんとマロンちゃんは、お店に入ると看板犬達のお出迎えにタジタジ(><)
店内フリーにしていたのですが、ビックリしている様子だったのでお部屋の中で休んでもらいました☆
お部屋の中に、毛布を入れてあげると、マロンちゃんがすぐにのっていましたよ♪
いつもとおなじ匂いがするので落ち着くのかな?
イチゴちゃんは、毛布にはのらずお座りしてお部屋の外を見ていました。
少し経つと、ふたりともスヤスヤとお昼寝zzZ
今日は、店内が静かだったのでゆっくり寝れたようです(^^)
夕方のお散歩では、ふたりとも待ってました~と大はしゃぎ♪
イチゴちゃんは、早く行くよ~と行く気満々!!
マロンちゃんも最初はルンルン♪
お外へでると、ふたりはすぐにオシッコをしてくれました。
その後にイチゴちゃんはウンチもしてスッキリ☆
イチゴちゃん、とーっても楽しそうにグングンと進みます♪
マロンちゃんは、途中まで一緒に楽しそうだったのですが、途中からパタリと止まってしまい…
止まって、進んで、止まって…
イチゴちゃんは、先に行くよ~と前を歩いていました(^^)
でも、マロンちゃんお店までちゃんと歩いてくれました♪

お利口さんです☆
お散歩から帰ってくると、オヤツタイム♪
なかなか食べようとしないので、手であげてみるとマロンちゃんはパクパクと食べてくれました(*^^*)
イチゴちゃんはお腹が空いていないのかな?
置いておいたので、夜のうちに食べてくれるといいです☆
その後は、マロンちゃんがお布団の上でイチゴちゃんはお布団に寄りかかって休んでいました☆

4泊のお泊りで少し長いお泊りですが、イチゴちゃんとマロンちゃんがお帰りの日まで元気に楽しく過ごしてもらえるようサポートしていきます☆
また明日メールしますね♪♪

昨晩は深夜1時就寝。6時前に起床。

「どこかいくつもりだ」と、マロンが超警戒中。昨晩も珍しくベッドの下ではなく、見張りのように私にくっついて寝ていました。

いよいよ犬たちのお泊まり準備(ここで同行できるとわかり大興奮!!)と自転車荷造りなどで予定より30分以上遅れて、7時過ぎに出発。

最初は順調に進んだものの、あっという間に渋滞開始。予定より2時間近く到着が遅れそう・・・(´;ω;`)。

というわけで、時間に余裕がなく、到着してすぐにワンズはペット預かりに置いていくことに。ごめんね!!

本日は八ヶ岳45キロコース(最初は35キロと聞いていた)。

近くの町営の駐車場に車を置いて、自転車を組み立ていざ出発!12:30を少し回りました。

出発は清里の駅そばなので、少し観光地のカワイイ町並みを抜ける。

すぐに高原らしい道路に出るが・・・。

いきなりずーっと坂・・・。しかもすでに13時を回っているので、暑い暑い・・・・ι(´Д`υ)。

登りきったあたりにちょうどよい感じの休憩所「峠の茶屋 赤い橋」が。。!

しかも、自転車用のバーも設置されてる!

すでにすごい眺め・・・。夏の雲。

やっぱ・・・ソフトクリーム・・・!!

水分も補給して、少し休んで、さて再出発・・・したら、ほんのちょっといったところに「まきば公園」というとっても広くて素敵な施設が!webは今見たらびっくりするぐらいしょぼいですが、施設は新しく、とてもセンスがよいです。

ひろーい園内には動物ふれあい広場もあって、羊やヤギ、牛などが放牧されていて、とってものどか。

おみやげのセンスもよくて、ぬいぐるみが、すごくリアルにモコモコです・・・。ああ、連れて帰りたいけど、ぬいぐるみは置かない主義・・・。ごめんねー。

施設内のまきばレストラン。ここが眺めもよく素敵。調子に乗ってもうお昼(;^ω^)。ま、もう2時過ぎてますし・・・。

はぁ~、なに、この極楽感・・・。当初は35キロコースか70キロコースか迷っていたガフも、渋滞で時間がおしたこともあり、「いいか、今回は山岳ポタで・・w」って感じで、和やかムード。この時点でまだ10キロも走ってない・・・。

しかし、相変わらず、標高があがるとソフトバンクは全然駄目だな・・・。TwitterもFaceBookも投稿しても、すぐ圏外で下書きになってしまう。

さて、のんびりいきましょうか。。って、やっぱりまだ緩めでも上ったり下ったり・・・そりゃそうだよね山岳だもの。。

後方からのぼっている私。。

1時間ほど走ると、道の駅「こぶちざわ」。ここもゆったりしてて、いい感じの施設。「延命の湯」とか「延命そば」とか、やたら命拾いできそうです。私たちも足湯を利用・・・。

時間が遅いせいか、結構カップルライダーも沢山会いました。小径車で回るカップル。

このあとも、ダラダラと下りまくる。例のごとく道路に施された車の減速対策の筋とかアスファルトの補修跡が邪魔・・・。怖いんだよね、下ってるとき。最近、のぼりより下りが恐怖かも。

30キロぐらいになった時、やや上り傾向だけど、まあ、このままあと5キロなら余裕だな~なんて思っていたら、ガフが「ここから少し登り傾向だけどね~」みたいなことを言う。

「もしや、ここからあと10キロとかじゃないよね?」

「さすがに、それはないなー」。

はい、ありました。ここから確かに5キロほどやや上り。でも、もう終わるからいいや~。と思いきや、さらに登っていく・・・。

「なんか着かないね・・・もうあとすぐだよね?」

「うん!あと5キロだね!スタートの駐車場の前に会ったセブンイレブンまで、あと5キロっていう看板があるね!」

え?これから、あと?

だんだんと登りがきつくなり、少しの下りもなくなる。なが~~く先まで続く坂にセブンイレブンは影も形もない。

なんか右足が痛い、と思ったら、足湯にはいったときめくりあげた着圧ソックスが膝裏でマルまってくいこんでた。

立ち止まって直す。もう、いいか。。ガフもずいぶん前に行って、見えないけど・・・( ;∀;)。

そのうち、道路の端の側溝のふたがない曲がりくねった坂に。こえーよ!

ふらついたら落ちちゃうよ!3連休とあって、結構ガンガン車も上って来るし。。

夏なので、路上に虫も多いなあ~。踏まないよう・・・あ・・・トンボがバタバタして逝きかけてる・・・。

ガフめ、踏んだな。。

たまにガフの姿が見えますが、すごーく遠くに見えて、たどり着けるのかい?という気持ちになるけど、深く考えず、地道に回してると到達する。その繰り返し。

ただ、日陰もない道のりを、あまりにも黙々と登っていると、水分を補給するタイミングがなくなってくる。敢えて立ち止まってボトルを取ると、生あったかくなっているし、残りも少ない。もう、思い切って、自転車を降りて、自販機で冷たい水を買って飲む。よしよし・・・。

だんだん駅が近いのか似たような観光施設が増え、何度か「ゴール?」と思ってはスカされる。蜃気楼?

やっと本物のセブンイレブンが現れ、ガフが反対側の駐車場に立っている。

結局ゴールまで15キロぐらい上りっ放し。17:50頃に到着の総計45キロのコースとなりました。

預けたワンズの施設も18:00までだったので、着替えず自転車を放り込み、そのまま引取りに行く。

犬たちは、案の定、私たちが去ると、スタッフに大人しく甘えていたそうだ。

マロンはかなりべったりで、イチゴはフラフラ散策してたらしい。ドッグランもあって良いところでした。イチゴは爪切りもしてもらいました。ペットリゾート清里~↓。

犬も確保し、チェックイン予定からもずいぶん遅れたので、宿に電話したら「夕飯はみんな同時に18:30からなんですけどー」と。あららら!!すでに18時ですよ。

ここからもガソリン切れたり、iPhoneがバッテリー切れで、宿の場所を検索できずと、ゴタゴタと慌ただしく、19:30過ぎにやっと到着。

犬たちに水を飲ませて、ジャージのままダイニングへ行くと、まさにメインディッシュの最中。変なカップル登場。。

温泉もクローズが迫っているので、食後にすぐ行って、ビールを買って帰る。

もう、もう疲れた・・・。寝る・・・。

4:50起床。

天気は曇りながら、なんとか降らずにいけそう。

ジャージとレーパンに着替えて5:25にホテルのロビー集合。

受付はまだ開いておらず、カギは置いといてねみたいなユルい感じ。

すでにY氏とRちゃんはロビーでおにぎりを食べて待っていました。

さて、会場の筑波サーキットへ出発。

6:30会場のはずなのですが、すでに駐車場には車が入っています。

みんなピットのそばを取るために行列ができちゃうので、早めに開けるようです。

ほんとに、いい場所取らないとピットが遠くて、荷物の運搬が大変なのですよね。

車を置いたら、受付をして、ゼッケンをもらい、今度はテントの場所取り。

ゼッケンをもらわないと会場に入れないとか、いろいろあるらしいのですが

一連の流れはスタッフにお任せの、オンブに抱っこです。

今年も色とりどりの自転車が総集結。

ピットはいつも通り、3つほどがISOYAで占めていて、テントのなかもいっぱいで大運動会状態です。

去年は六本木店は女性は私だけだったんですが、今年は怪我でられなくなった方の代打の奥さんも含めて6人も出場!

チームも3チームから5チーム、着実にメンバーが増えているチーム六本木。

しかし、チームジャージのビブはいてるの私だけだった!やっぱ、女子はねー、薄手で膝上は恥ずかしいんですよ!!(とっても細いビブ好きな女子は、売っているのを知らなかっただけのようです。) 成城店の女子がスカート履く訳がわかったよ。薄手で外側にひびくんだよね、これ。


8:00から試走開始。コースは2キロほどなので短いしアップダウンもあまりない。去年は1周2キロかーなんて思ったけど、いろんなサーキットを走った後ではあっという間に感じます。試走を終えて帰ってきた人も、みんな「走りやすい」とか「俺、今日、速い!」とか口々にして、やる気満々です。

8:40ほどで試走が終わり、ピットの内側では女子のチアリーディング等イベントも。カブリツキで見てるY氏とOケル。

ハムストリングスを見ていただけですよ」と言っていました。。それは太もものことですか?Oケルさんは新婚のはずだけど。。

試走後も余裕があるようで、結構慌ただしいんですよね。支度したり、サプリ飲んだり。

10:00から出走。

うちのチームは今回はスターターはY氏で、ラスト30分とパレードはガフ、2番手はSホテルのエグゼクティブOさん、3番手は私の去年と同じ4人編成です。

やる気満々の第一走者たち。

スタートだけ、混乱を避けるため、一列に並んで後ろをサポートする人がつきます。

さて、いよいよ・・・。

スタートしてから40分ぐらい交代せずにY氏は独走。

ずっと先頭集団で気持ちいいぐらい、走りまくっています。さすがだね〜。

30分以上一人で走り、あと1周サインがでたのを冗談でダメだしたら、ホントにもう1周走っていた・・・w。

今回は各チームに速い人がウマく散らばっていて、交代が結構スムーズな様相。

去年は順番が来るのが早すぎるチームもいて、大変そうでしたが。

逆に、速い人をがっちり固めたチームはなかなか順番が来ないという事態に(笑)。

しかし、試走後のコメント通り、走りすぎる人が多くて、1周目からかなりの落車が発生。みんな飛ばし過ぎだ!太ももに夢中だったOケルも大落車で、また自転車が・・・。

六本木の走り屋スタッフたち。

8耐のいいところは、普段集まって走るだけのメンバーたちと、あれこれ話せるので、お互いの交流が深まるところ。

奥さんや家族を連れてくる人もいるので、自然に仲良くなります。

普段、どんな仕事をしてるのかは詳しくは知らないし、知ってたとしても、関係なく、すごくエグゼクティブな人とも、普通に自転車の練習と知識レベルの話だけで、面白いですね。昔、流行った異業種交流とかは、結局は肩書き&会社名ありきでのつきあいでリラックスできなさそうだと思ってました。

ピットで出走出番待ちの人々

さて、私は今回は4周から5周以上を目指していますが、1回目はやっぱり緊張とかでゼイゼイしちゃうわー。そして、いつも思った以上に遅い_| ̄|○。

いいのさ・・・。ピット前のホームストレートで「あと、5周!」とY氏より先ほどの復讐の声援が聞こえる。

カメラは今年は望遠で遠くからスナップ狙い。ただ、走ってるところは、やっぱ、難しいわね。もっと天気がいいとシャッタスピードが稼げるんだけどね。場所もね。もっといいポジションで狙いたいところです。

これはガフが私のカメラで撮ったやつ。ポジションがいいです。くそー、この場所行けば良かったな。。

お昼も過ぎて、14時ぐらいで一番マッタリしてきます。早起きで眠くなるし、疲れも出るのに、まだあと3時間以上ある・・・。

1度走ると次は1時間ぐらい間が空くんですが、そんなにゆっくりもできません。テントは荷物でいっぱいで座れないし、ピットも人が多いので、ほぼ立ちっぱなしだしね。

今回はUさんの奥さんがピットで大活躍。さすがダンナさんの人柄も良ければ、奥さんも気が利くものだね!と我が家でも絶賛。

素敵奥さんをもっているUさんは最近メキメキ早くなっている!

では、うちは・・・??そこは・・良くも悪くも、似た者なんだろーな_| ̄|○

途中、同じタイミングで仲間で連携することも。。

集団の中でのポジションを話し合いながら決めるY氏とRちゃん。

偶然女子3人が揃ったので、私たちもホームストレートでVサインのパフォーマンスをしてみましたが、みんなは「全員あと2周なんだー」と、思って見ていたそうです(汗)

16:00段階でチーム年長サイドのOさんと私で残りの時間配分について密談。

30代のガフと20代のY氏で30分ずつ。私とOさんで15分。これで1時間半+ラストガフ30分で2時間。

この計算で、「私たちは、あと15分走れば終わりだね〜」と余裕の状態。

ちょうどその辺から雨がパラパラ。

まあ、去年の後半のレースからすれば、「この程度の雨ならまだ全然まし」という感じだし、もともと滑るほどのスピードも出てない私にしてみれば、他の人が慎重になる分、相対的にかえって調子いいじ。

とはいえ、ラストランではジャージも濡れて冷たいので、出番が終わってとりあえず着替え。寒いのはもう無理。

アンカーをやったおかげでフィナーレをやらせてもらったガフ。最後を一緒に走るのを楽しみにしていたメンバーは残念ながら、あるトラブルにて揃わず。

フィナーレはピットからでてコース脇に入れるのですが、始まるまでに結構時間がかかるので、待っているうちに着替えた上着も濡れて冷たく。

最後はノースリ&バスタオル。

チームごとに写真を撮る時点では、もちろん、すでにチームジャージは脱いでたよ。

全ての走行とイベントが終わり、雨もやや本降りのため、写真撮影終了後は、三々五々帰路へ。

Y氏は今年も全力の120キロ走行&往復の運転でさすがにお疲れか、ショップのそばまできて落車ギャグ。

車内では今日のレースを熱く話をした後に、「僕は仕事と割り切って走っていますよ!」Rちゃんにスパっと返されるY氏・・・。

20代にも世代の差が・・・?

帰りの車で、車内をあっためてもらったのですっかり乾き、うちは店から近いし、荷物もぬれているのでと、うちまで送っていただき・・・。

一緒にあったかい塩っぱいラーメン食べたかったけど、犬が帰ってくるのでここでお別れ。


しかし、自転車でこんなにレースとか出ると思わなかった。

なかなか褒められる域には達せませんが本人なりには頑張ってるつもりなんです・・・。

どうして、続いているのかは・・・またの機会に。

犬っ子たちは相変わらず、帰ってくると、まず家の中を走り回る。

飼い主との再会より、自由が利く我が家が嬉しいようです。。

犬たちを迎えて近所の焼き肉屋へ。・・・が、あまり食べることも無く、身体をひきずるようにベッドに水没。

【今日のイヌッコの様子のメール】
おはようございます。
今日も朝からイチマロは元気にしていますよ~♪
ただ・・・マロンちゃんはお部屋から出ると甘えん坊になるのですが
お部屋の中だと「チーン。。」といった様子になっちゃってます↓
いっちゃんは相変わらず、お部屋の中でも外でも元気いっぱいに過ごしてくれているので安心してくださいね☆

イチマロ共に、歯磨きしておきます(´∀`)
お帰りの時間まで、大切にお預かりさせていただきます!

朝、ワンズ散歩。

本日は連休合間の営業日なので、やや仕事。

そして、明日の8時間耐久に向けて準備。

イヌッコ達のお泊まり準備をして、ご飯を食べに行き、明日のサプリメントやオヤツの買い出しに行っていたら、お迎えの時間ギリギリになってしまった!!

すでにマンションの下にいらしていました!!別れを惜しむ間もなくバイバイ〜〜!!

でも、スタッフのIさんには、2ワンともにすごく懐いているので預けるのはほんとに安心。

さて、カメラのレンズをどうするか・・・・。

悩み悩んで・・・在庫確認し、代替え希望品を在庫をおさえてもらて上野の秋葉へ。

今日は時間もないので、電車に乗ったのですが、久々すぎて、なんか酔う・・・。

ほんと最近、電車は1ヶ月に1回ぐらいしか乗らないので、suicaの使い方まで一瞬、わからなくなっちゃったよ。

レンズは、ちょっと金額はあがりましたが、問題のないラインに決定。このカメラの特性を生かす方向で!

上野駅周辺ではパンダGOODSが。パンダあんパン買って帰る。

想定していた予算よりオーバーして若干ドキドキで帰る時にガフにメールしたら、なんとガフが「思い切っちゃった!」という返事。

いったいなにを・・・?!

帰ってみると、サプリを買いに行った渋谷の店でレオパードのウエアを発見して、二人分の上下とキャップで購入していました!おおーー!!!

確かにこの間のJスポーツで見て以来、欲しかったんだけど、思い切ったなーー!!

荷造りをして、とりあえず、カメラにレンズくっつけて出発。

21:00ちょい過ぎにショップ到着。

車体を車載してもらって、21:30ごろに筑波にGO!

しかし、少し行くと渋滞に。わー時間かかりそう?

なんとか小菅ジャンクションを抜けてからはスムーズ。

22:30ごろ筑波に到着。

元店長夫婦と地元のCOCO’Sで合流。

早い時間にカップラ食べただけだったんで、まだ物足りないんですが、さすがに明日5時起きでこの時間にそんなに食べられない。

が、さすが、20代は違う。みんな鉄板ジュージューのジャンバラヤやら定食やら・・・。

食後、予約してもらっていたホテルへ移動の予定ですが、私たちの分はツイン。

スタッフ二人はシングルを2部屋。

「えー、別々でシングルなの?」と訊くと、元々参加予定だった現店長がシングル部屋をご希望だったらしい。

新人のRちゃんが「俺はダブルでもよかったんですけどね!」

Y氏も「おれもダブルで良かったよ・・・!」

・・・・・・ツインじゃなくて?

うっかり、ストライクゾーンの広さを見せてしまったY氏と、ゲイ疑惑をさらに濃くしたRちゃん。

ホテルはあぜ道みたいなところに唐突にあったのですが、広めでお布団も清潔で机や、本棚みたいなものもある。

去年のホテルもそうでしたが、筑波はビジネス用にちゃんとした机があるところが多い気がします。

缶ビール飲んで、カメラをちょっとだけ触って、1:00ごろ就寝。明日は5時起きだ!

ちょっと花粉がきつい・・・。

以下は、いつものペットホテルからのメール。

今日からイチマロちゃんをお預かりしている、ドッグマイスターです。
車の中ではとっても静か!!
動く事もなく、吠える事もなく、大人しくしていてくれました♪
お店に着くと・・・思い出してくれたかな?
マロンちゃんもイチゴちゃんも甘えん坊に大変身!!
他の犬がいても気にする事なく、店内を一緒にフラフラ☆
初めはマロンちゃんは固まっていましたが・・・慣れるといっちゃんと一緒に動き始めてくれました!
いっちゃんは全然問題なく、すぐに膝の上に乗ったり、店内散策を始めていましたよ◎
看板犬達とは別の部屋に移動して、イチマロだけで遊びました!!
この日を待っていました~♪と私も遊べるのと会えるのを本当に楽しみにしていたんです◎
大好きなサッカーボールのおもちゃを出してあげると・・・マロンちゃんの目が輝いた!!!!!
早く投げて~と大喜び♪
いっちゃんも一緒になって喜んでいましたが、投げると・・持ってくる気はゼロ。。。(笑)
追いかけるものの、持ってきてくれるのはマロンちゃんだけでした☆
いっちゃんはそのうち、一人行動開始!!
好きなように店内をフラフラと動き回っていましたよ!
マロンちゃんはおもちゃ遊びが終わると足元でチョコンと座り甘えん坊に♪
いっちゃんもすかさず飛んできて、2匹で膝の上に乗ろうと必死!!
お店に来ると、誰だか思い出してくれるのか・・・いつものイチマロになってくれるので安心☆
それに、こんだけ慣れてくれると私まで凄い嬉しいんですよね!!
トリミングしている最中はお部屋の中に入っていてもらったのですが・・・騒ぐ事なくとっても静かにしていてくれましたよ♪
2匹とも相変わらずとってもお利口さんにしていてくれています!!
夜のお散歩は初めはマロンちゃん、止まっちゃう事が・・・↓
でも、少し抱っこしてから「頑張ろう~!」と降ろすと、いっちゃんに比べたらゆっくりですが
ちゃんと歩いてくれましたよ☆
いっちゃんは・・いつも通り元気いっぱい!!
早く早くと力強く誰よりも先を歩いていました♪
たまに遅いよ~と振り返る事があるぐらい◎(笑)
ご飯は・・食べようとしないので、そのまま置いておきますね!
明日の朝までに少しでも食べてくれているといいのですが。
今回は1泊と短いですが、イチマロに会えて本当に嬉しかったです!!
明日は21時にお家にお伺いしますね♪
それまで、大切にお預かりさせて頂きます。
ママもパパも気をつけて行って来てくださいね☆
レース、頑張ってください!!!!

「なんだろ・・・マロン。ドヤ顔」

タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 PZD SONY用 B008S タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 PZD SONY用 B008S

タムロン 2011-04-15
売り上げランキング : 10419

Amazonで詳しく見る by G-Tools

今朝は7時半に出る予定。

お風呂入ったり、自転車を詰めたり、宅配便の荷物を詰めたりバタバタと準備。

宿のオーナーのオジサンに車で名護バスターミナルまで送ってもらう。

軽自動車なので、梱包したフレームとバッグを別にして車載。途中ファミマを見つけて宅配便を出す。

昨日も書きましたが、本土からの移住組の方々、奥様が地元に帰ってしまっているせいか、とってもおしゃべり好き。

一言話し始めると、こちらが割って入ることもさせず、ひたすら話し続けます・・・。車の中でもオジサン、ちょっとぶっちゃけすぎなくくらい自分や沖縄の現状を話すので、正直、宿に関して内情を知りすぎてしまいました・・・。もっと、普通に泊まったほうが楽しかったと思われます。そして、話しすぎて、行く先を忘れて名護のセンターを通り過ぎてしまうオジサン。

慌てて戻ろうとするも、「えーーっと、どこだっけ?」とパニクッてしまい、こちらでiPhoneでナビすることに。あ~あ~。

ギリギリの到着になってしまったので、自転車を輪行バッグにしまうのに焦っていたら、高速バスの運転手さんが「5分ぐらいなら待ってあげるよ~」と、いい感じのテゲテゲ発言。なんだかね、地元の人のテゲテゲと本土の人のテゲテゲ(?)ってちょっとニュアンスが違うんだよね。やっぱ、宿はちょっと選択ミスだったかも~!ちょっとだけね!

バスで1時間ちょい、那覇空港に到着。手荷物受付の方が「今日でよかったですね~。昨日は96台も自転車があって、出発時間も遅れたり大変でした」・・・と。そうなんだ!!!

そして、バスの方にも言われたのですが、「来年もおいでね!」と言われる。やっぱ、観光の島なんですかね。

さて、預けてからお昼ご飯とビール。

そして免税店(那覇って免税店があるんですよね)で美白コスメ(焼けたよ!また!)そして、お土産と泡盛購入。行きと違って、今回は離陸したらすぐ寝ちゃいました。早めに席の指定をしたので、往復ともに窓際&前広席

上空に行くと、厚い雲の上には青空・・・。この青空、見たかった~~~!!!

東京に着くと、12月並み寒い、とニュースで行っていた割に空が青い。。あら、気温はともかく、沖縄より天気いい?

羽田からは今回初めて京急の特快に乗ったのですが、めっちゃ速い!品川まで16分!そこからタクシーに自転車を2台乗せて、家まで羽田から30分強で到着しました!!!

さてワンズが帰ってくる19時までに、荷物を片づけ、風呂入ってビール。5日ぶりに家で自分を改めて見ると、なんだか薄汚れているよ!

家に帰って、あちこち見回っていると、いろいろ懸案だったことを、すっかり忘れてたことに気がつく。

沖縄にいる間は、とにかく走ることしか頭になかった。あと天気のことと、犬たちのことしか考えてなかったなー。

行く前に頭を悩ませていた雑用のこととか、懸念してた面倒なことは、すっかり頭から消えていた。

旅ってそういうことかもね。

今回わかったこと。うちの場合宿に自炊設備は要らないかな。ホテルが楽だ。

あと仕事に関してとか、リタイア後とかの過ごし方とか参考になりました。

やっぱ、老後にゆとりがないのはよくないね。あと、起業、自営するにしても、サービス業の場合、風通しいい雰囲気のためにも、身内だけでなんでもやると無理があるね。何かが濃くなってしまうのかも。

とか、話しているうちに19時。帰ってきましたワンズ達!

クレートから飛び出すと、あんまこちらを見ずにガンガン走りまわる。。えーー?!

やっぱね・・・。いつもペットホテルから帰ってくると、つくづく犬たちは家が気に入ってるんだな、と思います。床がカーペットで走りやすいし、敵はいないしね。・・・に、しても冷たくないか??今回、シッターさんがたっぷり遊んでくれたことで、私たちがいない寂しさはほぼなかったかと思われます・・・(TT)。

ひとしきり、再会を楽しんで(一方的?)、お風呂でシャンプー。イっちゃんはお店で爪切りもしてもらってて、スッキリ!

ちなみに、沖縄で出会った犬たちは、放し飼い率がすごく高かったです。

大型犬も小型の洋犬も普通に家の前を勝手に歩いていて、みんな雨風にさらされているのか、毛並みがすごいことになっていましたが、なんか、人も犬も特別じゃない感じで、「不幸」という感じはなかったです。ただ、そばを通ると、めちゃめちゃ吠えられて、追いかけてくるので、ビビります。ガフは1日目のゴール間際に吠えて飛びかかられ、落車しそうだったそうです。ワンワン落車?!

ガフは9時過ぎには寝始め、私は少しPC作業。

結局ワンズ含め、11時にはみんな寝ました。

たっぷり寝て、早朝から目が覚める。

まだ外は暗い。やっぱ11月だね。

徐々に置きだしてベランダに出ると、すぐに明るく夜が明ける。

どうやら昨晩も雨が降ったらしい。

ベランダで朝食。ガフは朝からビール。

宿の屋上に上ってみる。

周辺はほんとなんもない・・・。のどかー。

洗濯ロープにカマキリ。


洗濯機も使えるので、朝からガンガン洗濯。これで明日宅配便で家に送っちゃえばらくちーん。

綺麗な花も飾ってあってセンスの良いベランダ。窓を開け放すと虫やヤモリちゃんが入ってくるのが難点。


さて、今日は沖縄ポタ。普段着で自転車で近くの島や美ら海水族館へ行く予定。
宿を出ると、沖縄北部の自然。温度は高くてもススキの時期。

・・・が思った以上に強風。雨はないものの、かなり強い。

なんか、昨日までで300キロ前後走ったので、今日はポタリングのはずだったのに、宿が坂の上なせいもあり、アップダウンもきつい。

最初は古宇利島へ行こうとしていたのですが、とても島へ渡る橋を渡れる状態ではない天気。

そして、あれだけ走ったのに走り足りないのか、路上にはキッチリとジャージを着たロードレーサーもチラホラ。

私たちも、あの装備であれば走れたかもですが、ノービンディングで普段着ではきつい。

8キロぐらい走っていたのですが、お天気も晴々とせず、景色も期待できないので断念し、宿を挟んで反対側の美ら海水族館を目指すことに。すでに12時近いので、ランチができるカフェを探すためにカフェガイドをコンビニで購入して、来た道を黙々と戻る。

宿を過ぎ、しばらく行ったところで、坂の上のハイビスカフェに到着。

目の前に中国の水墨画に出てきそうな絵になる崖がそそりたっています。絶景~!

実はこれが沖縄に来て、初めてのまともな外食・・・!

ちょっと風が強めでしたが、坂を上って暑いし、せっかくなのでテラスでいただく。

このお店、宿のご主人もそうですが、実は沖縄の方ではなく、内地から引退後に移り住み起業した方。沖縄にほれ込み、何度も通って、今帰仁のあたりに決めたそうです。ご本人たちはストレスのないこの土地での暮らしと仕事に満足しているのですが、いずれも奥様たちには、不便だったり、苦手な虫がいたりで、地元にお帰りになっており、たまに会いにいらっしゃるらしい・・・(^^;)。なかなか難しいですね!

さらに進んで、やっと美ら海水族館に到着。

こちら知らなかったのですが、懐かしの沖縄海洋博の跡地、海洋博公園内に作ったものだったのですね!ひろびろ~。

ハイビスカスとか見ると沖縄的。

建物も大きくて立派です。植物園もすごいらしい!

サメー。

カメー。

さて、早速水族館にはいると、最初に色とりどりのヒトデちゃんとウツボちゃん。

このコーナーは手を入れて触れるんです。ヒトデは堅くて、ウツボはフワフワでした!

もー、いろんな海の生き物が、進むにつれどんんどん深海のもの移り変わりながら楽しめます!!

なぜかこの大きなカメさんが、やたら私のほうに寄ってきてなついてくるんですよ。

おー来たかー!

昨日は走ったかー?!

沖縄どうよーー?

水族館楽しいよーー!

また、こいやー!

回遊魚たちのダイナミックな世界、「黒潮の海」のコーナー。巨大アクリルパネルを始め、「アクアルーム」など多方向から観覧できる水量7,500m³の大水槽にジンベエザメとマンタが優雅に泳いでいます。

やっぱ、これは動画で!圧倒される大きさ!

さて、たっぷり堪能して、帰りも20キロの道のりを帰る。少し寒いし、暗くなる前に宿に着かねば~!

国道をほぼ1本道なので、順調に進み、もう少しで到着~って感じになってきてから、道に迷う。もちろん、iPhoneのナビもここでは機能しない。「大ジョブだから!」と言っていたガフも暗くなってきて、一生懸命ウロウロ・・・。

宿のオジサンにヘルプを求めるも、なぜか、私たちの話を聞いて自分も海洋博公園に行っちゃったらしく、もどるまで20分かかるとのこと。しかも、このへん、どこもかしこも似たような風景で目印もないので、自分たちがどのへんにいるかも説明できない。

街灯も民家もないので、暗くなると、草むらに囲まれてて、ハブ出そうだし、ヤバい感じ。坂ばかりなので、行ったり来たりもあまりしたくない。

そして、なぜか頑なに、私に携帯を渡さないガフ・・・。自分のリュックに入れたまま、どんだけ頼んでも、「俺が道を探すし、一緒にいるんだから必要ない!」と言って譲らない・・・なぜ(TT)?

結局、オジサンの知り合いの宿の前に辿り着き、そこの方に車で誘導してもらい無事到着。結局、本日50キロ走行。

あとから着いたオジサンも「3組に1組は、迷いましたって連絡来る」と。

まあ、これも旅の思い出になるんだろうな。

自転車を置いて、オジサンに再度、車で近所の飲み屋に送って行ってもらう。

地元のとり好、今帰仁アグーがすっごい美味しかったぁ~!

今回の宿は自炊OKなのですが、旅先ではやっぱのんびり地元の飲み屋がいいなぁー!

美ら海水族館でのカメちゃんの可愛らしさにマスコット買ってしまいました。

しかし、よく考えると、カメのストラップつけて自転車乗ったら、背中のポケットからカメが出てて「私はカメです」って言ってるようなものだな。。。

今晩で沖縄も終わり。おやすみなさい!

>>犬っこ情報


今日のマロンちゃんとイチゴちゃんメールです♪
毎日お部屋の中はキレイ☆
汚す事なく使ってくれています!
相変らず朝からハイテンションないっちゃん!!
そのいっちゃんの後から覗くマロンちゃん!
でもリードを見るとマロンちゃんも喜んで行動開始☆
今日も朝から2匹共、元気よくお散歩に出発!
楽しそうに走る走る☆
いっちゃんはひたすら走り続けていましたが、マロンちゃんは途中からペースダウン↓
いっちゃんがひたすら走ってたから、マロンちゃんにとっては普通のペースが遅く感じちゃったのかな?
マロンちゃんはお店を出てすぐにウンチもオシッコも済ませてくれましたよ!!
いっちゃんは嬉しすぎて、走る事に専念!
でもお散歩が終わる~って頃にちゃんとオシッコを済ませてくれました♪
今日の朝ご飯はすぐに完食!!
2匹共、お腹すいてたのかな?
昼間は店内でフリータイム!!
他の犬に危害をくわえないイチマロは・・・柴犬の里ちゃんと雑種の亜真梨ちゃんと出ていました!
亜真梨ちゃんは中~大の間の大きさだったので、イチマロにとっては少し大きい子だったんです。
でも2匹共、吠えたりもせずにお利口さん☆
マロンちゃんはちょっと怖かったのか、スタッフの元にずっといました!
いっちゃんもスタッフの元にいたのですが、マロンちゃんより積極的!?
自分から近付いて、匂いをかぎに行ったりもしていましたよ!!
他の子と一緒にいても喧嘩もしないので、こちらも凄い助かってます☆
そして、相変らず甘えん坊で本当に可愛い♪
毎日癒されて・・・やっぱりイチマロ大好きです!!
夜のお散歩の時には生憎の雨↓
お散歩に行けなかったので、店内でズット遊びました☆
2匹共、ちゃんとトイレも済ませてくれたので助かりました!
明日はお帰りですね!!
いっちゃんは爪きりをしておきます!
いつもより長いお泊りでしたが、マロンちゃんもイチゴちゃんも2匹共、本当にお利口さんにしててくれ
知らない場所、知らない人、知らない犬という空間でも頑張ってくれましたよ!!
なので、帰ったらたくさん褒めてあげて下さい☆
私は明日お休みなので、今日がイチマロに会える最後の日なんです↓
私的にイチマロが帰っちゃうのは凄い寂しいですが。
でも約4日間、一緒にいれて本当に楽しかったし、たくさん癒して貰っちゃいました♪
また機会があれば遊びに来てくださいね!!

さて、2日目開始。今日は140キロ、南へ向かって、那覇のあたりで折り返してくる、あまり起伏のないコースです。

朝食は5時から提供されるのが、指定ホテルのいいところ。

食事をして着替えていると・・・あ!ビンディングの中敷きが片方ない!!

昨日、中敷きを洗ったときに、洗濯機に置いてちゃったらしい。

とりあえず、ホテルの使い捨てスリッパをカットして中敷きを作る!

ウエアや靴は乾燥機とドライヤーのお陰でばっちり乾いている。

今日こそ、降りませんようにーーー!!完走したい!!

宿泊した喜瀬ビーチパレスホテルがスタート地点。皆、昨日のリベンジかやる気がみなぎっています。

お、仲間もいますね。

私たちもやや前気味にポジション取りしてスタート!昨日とは全然違うスピードで皆、走る走る。

30キロオーバーで順調に進み、20キロ地点での最初の休憩所、伊芸海浜公園へ到着

はい、みんなテゲテゲになりましたー。

路面はまだ濡れていますが、曇り空で降る様子はなし。

ガフはツイッターでフォローしている人を発見。うしろについて走る。

この方がとても走行マナーが良くて、お手本にしたい感じです。こういう人ばかりだと自転車の印象も良くなっていくのだと思いますが。彼がいるトレインに乗っかり、いいペースでしばらく走る。

途中、信号などで別れた後、ガフが少し遅いメタボなオジサンを坂で抜いて前に出たら、いきなりオジサンが張り切りだし、ガフはへんなペースで走るはめになり、おっさんを引きながら、私を引き離し二人走行・・・。やっと追いついた信号で、「後から彼女と2人で行くのでお先にどうぞ」と言ったら、オモムロにがっかりして、漕ぎだせない。ちょっと面白い。

そして、次の63キロ地点、西原マリンパークの休憩所。
「ちょっちゅね、いかがですかあー」と地元の小学生が具志堅さんプロデュースの豆をアピール。
シークワーサーのドリンクゼリーなどでクエン酸を補給。みんな食べる食べる。
この時点で出発して2時間弱なので、やっぱ、いいペースですね。

こんなところに沖縄らしさが。

この休憩所で先ほどのTwitter上でのお知り合いwonderingdaysさんと思い切って話しかけてみました。やっぱりとても感じのいいかたで、去年も参加されていたということで、話がはずんで楽しい!自転車に関してはなんだか自然と輪が広がっているのも楽しみの1つです。

さらに10キロほど行き、那覇市街を抜け、泊港のそば、泊ふ頭緑地でランチタイム。

ちょうど座りやすい場所が。仲間の女子も同行者全員で楽しそう!

そーきそばがあったまるー!

さあ!お腹もいっぱいだし、あと65キロ!いくぞー。
たった1日ですっかり貫禄の出たゼッケン。

雨がないって素敵!と快調に飛ばし、103キロほどの、午後の休憩所に到着。
実はちょっと手前のファミマでアイスを食べていたのを仲間に目撃されており、「さっきも食べてたのにー!と笑われる。

この後、名護に近づくにつれ、見たことのある景色。

そう、ここは去年、ゴールした後、ホテルまで自走した道のりを逆走しているわけです。

去年は・・・、会場からホテルまで20キロ弱、とガフに嘘を言われ、重い荷物を背負いにくいリュックに入れ、疲れた体で頑張って走っていて、30キロをとうに過ぎても到着せず、どんどんアップダウンが激しくなり大喧嘩になったあの道です。

反対方向からの道のりですが、さて、今年、その坂をどう思うか・・・そう、思った瞬間、後ろから仲間の同行者で坂に強い女子が、「うわーーー、まだこんな坂残ってたのかーーー」と、がっかり感たっぷりの大声をあげる。

はい、結論出ました。やっぱり、ガフが悪かった。

この辺りはずっと仲間のグループと同じぐらいのポジションで楽しく走りました。
そして、この大会一番の青空(爆)が海岸線で

唯一の青い海沿いシーンでポーズ。来年の年賀状にでも使いたいぐらいでしたが、沖縄らしさは伝わらないよねー。

これならどうだ?!
でも折り返し地点から北に向かう時は結構向かい風が強かった。

120キロ地点恩納村コミュニティセンターで最後の休憩。

スポンサーのANAのテントではリゲインとかパワーバーみたいなのも配布していました。
これ・・・もっと手前で欲しかったなー。

さて、あとは20キロ。10キロ地点にも休憩所はあるが、このまま走ることに。

まわりも、「天候も安定してるし、最後は海岸線を気持ちよく走ろう」、という人と、ラストスパートとばかりにスピードアップする人。とはいえ、まだまだ海岸沿いだし、さらにすごい向かい風。思った以上に踏まねば進まない。
負けずに踏み倒して、15時過ぎに名護漁港ゴール!!

ほんとに嬉しいのですが、ちょうど直後に入ってきた仲間は「あれ?これでゴール?」とびっくり。
そうです、ゴールのアーチみたいなのが地味すぎたり、どこがゴール地点なのか、はっきりしないのです。
去年は、ちゃんとアーチがあって、ゴール時に太鼓をならしてくれたり、それなりにニギニギしかったのですが。。

LEGONの主宰でもある鶴見辰吾さんのご家族もいらっしゃいました。

とくにゴールを象徴するようなオブジェもないので、踊りを踊っている人たちの前で記念写真。

お疲れ、愛車たち!!お陰で無事に走り終えられたよ!!!

会場で車の整理をしている、去年のサイクルリーダーK氏にも会えました!
覚えていてくれて感激ー。

自転車をバーに係留して、がじゅまる広場に移動し、「ふれあいパーティー」に参加。相変わらず、地元の人の飲み会と化す会場。

オリオンビール飲み放題。全種類を飲もうとするガフ。つまみはこれまた恒例の豚の丸焼き。肉の争奪戦がすごい。

みんな自転車を放置して宴に夢中。
やっぱね、「誰も盗らないさ〜」

完走証をいただき、自転車を取りに漁港に戻る。

歩道橋から、問題の存在感のなかったゴールアーチが見える。
そうー、道路からすぐに設置しすぎて、走っている人たちは左折して会場に入るときに気付かないんだよね。

さて、大会も終わり、自転車に乗って名護市役所に移動。

宿の方がここまで車で迎えに来てくださり、なんとか自転車を乗せて車で宿へ。

初日に一度宿は見ているのですが、そのときも今も暗くてよくわからない。

とりあえず、簡単に荷解きして近所のスーパーへ連れて行ってもらう。
島豆腐やもずくの天ぷらなど買うけど、会場でたっぷり食べたこともあり、あんまり食欲がない。。
適当に食べて、お風呂に入って寝ることに。

お風呂に入ると、体がバリバリですでにあちこち痛い。もっというと痛みを通り越して、痛くなくて重い。。

太ももの付け根が痛いと思ったら、長時間堅いサドルの上でレーパンのパッドと擦れて、血豆みたいになっていました・・!こわ!

今シーズン、3大会通して気づいたこと。

私たち夫婦は、一人ひとりは雨男でも雨女でもないのですが、
夫婦として何か持っていると思ったら、雨雲をもっていたようですね・・・。ちゃんちゃん!

>>本日のワンズ情報

今日のイチゴちゃんとマロンちゃんメールです☆
今日もとっても元気なイチマロちゃん♪
マロンちゃんは、今回ちょっと控えめ?な感じもしましたが、
今日は昨日よりも元気だった気がします!!
いつもIにべったりな2匹ですが、今日は私がお散歩に行くと、
イチゴちゃんは、早く早く!!と走る走る!!とっても元気です(^^)
マロンちゃんも今日はちゃんと歩いてくれましたが・・・・・
2匹ともちゃんと歩いてくれるものの、時たま
あなた誰?ってゆう冷たい視線をしばしば受けました(笑)
けど、歩いてくれただけでも良かったです♪
途中、イチゴ~♪マロン~♪と呼んでみましたが、
一応来てくれるものの、明らかに喜んでいません。って感じの2匹(泣)
もう少し私にも慣れてくれると嬉しいんだけどな~☆
なんて言いながらのお散歩となりました!!
お店に戻ると、Iの元に駆け寄っていき、ただいま~♪♪♪と
尻尾フリフリな2匹・・・・あの~、お散歩に行ったのは私なんですが~。。。
状態でした(^^;)
けど、イチゴちゃん、マロンちゃんにとってはIの存在が大きいのでしょうね!!
少しでもお店にお泊りの時の楽しみが増えてくれればいいなと思います(^^)
さて、お散歩では
ご飯は朝はちゃんと完食してくれて、夜は少しずつ食べてる感じでした(^^;)
お散歩ではトイレもちゃんと済ませてくれてるイチマロちゃんなので、
大助かりです☆
今日も昼間はIと戯れていましたよ♪
私も名前を呼んだりしていますが、まだまだ(^^;)
これから好いてもらえるように頑張らなきゃ☆☆
明日もイチゴちゃんとマロンちゃんにとって、楽しい1日になってくれればと思います!!
明日もメールしますね☆

5時に起床。まだホテルの朝食は始まっておらず、コーヒーを飲みたいので、近所のマックへ。

うーっすら雨。

まあ・・・これくらいなら・・・。

マックから出てくると、霧雨風。うーん。

駐車場で豪快に後ろ側にチッコをするニャンコに遭遇。なんの啓示??

6時過ぎに会場の名古屋漁港に入り、手荷物を預ける。空気を入れようかと思うけど、相変わらず気圧がわからないタイプしかないので、がじゅまる広場へ移動。

雨は朝より降っているので、会場の人が「滑らないように、少し気圧低めがいいかと思う」、というけど、これからどれくらい降るのかわからないし・・・。装備もウインブレだけを小さいリュックに入れて、レインコートとシューズカバーは置いていくことに。

今回の参加は「おきなわ本島1周サイクリング 323km」。初日は北へ行って折り返して戻ってくる180km。

スタート地点の名護十字路へ。続々と集まってきますが、一般道路なので、全体でどれくらいいるのか把握しづらい。

がんばるぜー!

すでに前のほうに人が押し寄せているけど、どれくらい長くなってるのかな・・・・?

7時のスタート予定になると、何の開会宣言の挨拶もなく、「パン」と小さな音がして地味にスタート。あまりのあっけなさに、周りの参加者も苦笑い。

少し行った信号で停車していると、後ろから来た若い女性が「止まらない~止まらない~だれか~」と悲鳴が聞こえる。何事かと振り返ると、左足のビンディングが堅くて外れなかったらしい。みんなでガシっと受け止めて止めてあげる。オジサン達が「もう、回収してもらうかい?」とか楽しそうに冷やかしたりして、なんか和む。

今日走る180kmは、これまで走った最長の先日のモテギの120kmを大きく上回るので、お昼ごはんまでの北へ向かう前半の平坦が多い90キロは、早めに終えたいところですが、いきなり結構な坂が1つあったのと、みんな様子見な感じでもあるのか、全体に流れがゆっくりになってしまって、思うようなペースで進んでいかない感じ。

あとで、思ったんですが、やっぱり、少し前のほうにいたほうがよかったかも。。前のほうは自分のペースで走ってるようですが、後ろのほうは、やや、つかえていたので、ずっと似たようなメンバーで抜いたり抜かれたり。(結局最後まで、自分がどの辺にいたのかわからなかった)。

去年は香港の方や黒人の方などがレースに多く参加していましたが、今年は本島1周サイクリングにも、台湾からきた方が多く見られました。そして、どの大会にもいる、スニーカーやクロスバイクやカジュアルウエアの人、頭にドラミちゃんを乗せて走る参加者なども。

序盤、なんだか落ち着かない私たち。このところ大会と言えばサーキットをグルグル周回し、走りに専念するタイプだったので、サイクリング形式での ペースや感覚が思い出せず戸惑う。左膝の裏の痛みと右足の脇の痛みもある。体調的に結構、モテギの無理が残っている感じもあって、若干ぎくしゃく。

それでも、天気は一応、雨が止んできて、曇りを保っており、「晴れだとよかったのにね~」、なんて暢気な話ができたのも、このころまで。

最初の小休止22km地点「沖縄海洋博記念公園」では、まだ笑顔。

なかなか目当ての休憩所に着かないので、60キロぐらいの途中のコンビニでも休憩。

偶然、仲間の女子も同じタイミングで休憩に立ち寄り。

と、思ったら、少し行ったところに、65キロ地点の大宜見村の道の駅の休憩所が。

久々のサーダーアンダーギー・・・。

休憩所の周辺は自転車だらけになるので、皆、あいてる所にとにかく自転車を置く。

私に合わせてゆっくり走っているガフは、大会をエンジョイモードでゆっくりめに休憩。私は後半の峠が心配なので、休憩を入れつつも、切り上げを早くして、とりあえずランチのところまで早く着いてしまいたい。

しかし先を急ぐも、93キロ地点の昼食場所「奥やんばるの里」に近づくにつれ、雨が本降りになってくる。

全体に時間が遅れていて、お昼後の再スタートの制限時間予定は12時頃だったのに、そのころにやっと皆、到着できた感じ。せっかく芝生に用意してもらった、机もイスもビショビショで、皆、施設内にギュウギュウに逃げ込み、立ったまま食事。

机の上のティッシュも濡れたままなので、椅子を拭くこともできず。。。

雨に濡れてやっと到着する人と、ご飯を終えて、レインコートを着て再出発する人々がすれ違う。

食べている間にも、雨はどんどん強くなり、食べながら、リタイアを決める人も増えてくる。なぜなら、ここから後半90キロはほぼずっと山道。前半にも数回あった結構な登り。それ以上の登りがずっと続くのがみんな分かっているので不安気。

「もう、ここで私も辞めたいよ・・・」

心の声は出ているのですが、やっぱりまだ、諦められない。

こうしていても仕方ないので、とりあえず、ご飯を食べて、気力を充填することもなく、不安なまま出発。

ここからは地獄。

どんどん、雨が強くなり、山岳が続く。

距離もかさんできて、お尻も痛いし、膝裏も痛いので、あれこれ工夫して踏み方を替えながら登ってみる。

上りはなんとか頑張れるし、体も温まるけど、下りは怖いし体や脚が冷えて動かなくなる。

雨水が波のように坂の上から押し寄せて流れ、側溝から溢れ出ている。

「・・・ああ、こういうのって、台風のときとかになるよね~」

ぼんやり、わかっているのですが、口に出したくない。

苦しみながら登っていると、後ろから車のエンジン音がして「大丈夫ですかー」と声をかけてくる。

回収車?

や、やばい・・・回収されたくない。でも苦しくて声に出して返事はできず、だまって大きく頷きながら、ゆっくりと登り続ける。

が、車は追い抜いていかない。それどころか、さらにスピードを落として、ずっと私の斜め後ろについている気配。

ゆっくりと、振り返ると、TVらしきカメラのレンズが車窓からこちらを狙っているー。

うわああー。

なにそれ?なに放送か知りませんが、どっかいってくださいーーー。

前の人を抜こうとしても、より一層近寄ってきて危ないし。勘弁してくれー。

下りは下りで、ブレーキがほぼ利かなくなり、目いっぱい握ってから15mぐらいたたないと、スピードが落ち始めない。普段は上りの終わりが見えると嬉しいのですが、今回はまた下りが始める、と思うとそっちのほうが怖い。

雨の中、何度も上り下りを繰り返していると、油も流れちゃってるのかフロントギアもガリガリと音を立てるばかりで、なかなか切り替わらない。私の女性用は前が3枚あって、一番上と一番下を切り替えるのに、2回シフトチェンジしなくてはいけないので、途中からは、真ん中のギアだけを使うことに。

激しさを増すばかりの雨にリタイアが増えているのか、いつの間にか前後に人がいなくなってくる。

気力を尽くして、ほぼすべての峠が終わり、最後の長い下り。あとはさらに少し走って、1つ小さな山を越えたあたりで一度休憩所。残りは15キロぐらい平坦道。それで今日は終われる。とはいえ、距離にすればあと40キロぐらいあるし、何度も心が折れそうになる。

目の前をゆっくりながらも走っていたオジサンを追い抜こうとすると、おもむろに自転車を降り、「もう、こげねぇっ!」と吐き捨てるようにつぶやく。私も下りが怖すぎて、何度か自転車を降りる。大粒の雨が風で結構な勢いで体に吹き付けてくる。あまりの激しさに、二人とも「もう、ほんとにやばい」という思いがどんどん強くなり、小休止が取れそうな売店に逃げ込むように入る。

売店の軒下や周りの屋根つきの休憩所には数人が自転車を置き、放心状態で空を見つめている。

とにかく山の中なので、屋根があるところもなく、休んだり、リタイアしたくても、止まればズブ濡れで、いつ来るかわからない回収車を待って遭難状態になるだけなので、藁にもすがる思いで、この場所で雨風をしのぎ、進むことも戻ることもできず、途方に暮れているのだ。

しばらく避難していても、全然弱まる様子はなく、寒さが苦手なガフが、「もう、いいんじゃないかな」と言い始める。

確かに、もう、これって「自転車の大会のてい」をなしていない。ただの我慢大会、もしくは罰ゲーム?

「・・・もう、いいよね・・・」。

そう思っても、いつ回収車が来るのかもわからないし、このあとの休憩所を調べたくても、もっていた行程表の紙は濡れて固まった、ただのボロ屑状態

(← これはホテルに戻って広げてみたところ)

現地点ですでに16時半。40キロ先のゴールの制限が17時半(実際は25キロ先の休憩所、久志の時間制限が17時半だった)。諦めモードをさらに後押し。

仕方なく、温かい飲み物を飲んで、売店を出て、どうすることもできず、トボトボと自転車を押しながら下っている(私が怖くて下りで乗れない)と、後ろから来た車が止まって、「大丈夫~?」と声をかけてくれる。今度は回収車だ!

「乗る?」

「乗れますかっ?」

バンの後ろを開けると、すでにオジサンが2名乗っている。「自転車も一緒に2人乗れるかなー?」と、係の女性が言うと、ガフが「僕はいいんで」と、私だけを乗せ、自分はもう少し走る、と。「じゃ、もう少し先の休憩所サンライズひがしで拾ってもらってねー」といって発車。

回収車に乗ってみると、オジサンはみなウチナンチュー。「明日走ればいいさー」と優しく(?)慰めてくれるのですが、前輪を外した私の自転車を支えてくれる様子が適当でハラハラ。結局、さらにもう1人と1台が積みこまれ、車内で体をかがめていて車酔い気味。その後も何人もリタイア希望のゾンビに声をかけながら車は進む。「あと、5キロぐらいよ」と言っても脚が痛くてどうにもならない、と訴える人も。

なんとか久志の休憩所の公民館みたいな所に到着。

そこにはすでに回収された人が数人いるけど、もっと早い段階だったのか、すでに服も乾いている。私だけがずぶ濡れ状態で40分ほど放置。

外はどんどん暗くなるし、雨もやまない。曇りの時に晴れがいいな、なんて贅沢言ってごめんなさい。

一緒に回収された愛車がゼッケン番号を書いた札を結ばれて放置されている・・・。ごめんね、がんばれなくて。

やっと、ホテル行きのバスが来て乗るために、外に出ると、ちょうどガフが到着。
「どうする?」と聞くと、「あと15キロだから走ってくる」と。そうだね、あとは平坦だしね。
「気をつけてねー」と送り出し、バスに乗るが、暖房も入っていなくて、体がどんどん冷える。「頑張って走ったほうが温かかったかな?」と、後悔の気持がよぎる。

しかし、しばらく走ると、道がどんどん上りになっていく。え?あれ?あとは平坦だったのでは?
そして、バスから走るガフが見える。真っ暗な山道の坂を雨の中、拷問の様に数人で上っている。これはデスマーチだ。
人数も少ないし、軍隊の演習にしか見えない。自分には無理だった・・・。諦めて正解だったと改めて思い知る。

車中でも自転車がちゃんと無事に運ばれているか気になるし、携帯も水没状態だけど、寒さと疲れで思考がまとまらない。

やっと大会が準備した本日の宿泊ホテルに到着すると、入り口わきにテントが出ていて、揚げたてのサーダーアンダーギーが振舞われている。・・・このご褒美を食べる権利がないな、と思うと切ない。
しかも、フロントでチェックインをしていると、六本木の仲間に遭遇し、ちゃんと完走したと知る。偉い!すごい!

ていうか、私、ダメすぎ・・・・。

部屋に入って、服を脱いで、ポケットから携帯を出すと、ふわふわだったファーのストラップが雨でショっボショボに。電源も入らない。水没?

防水カメラの蓋の塗装もぶよぶよで剥離。預かっていたガフの防水ではないカメラは水蒸気があがっている。財布の中のお札も濡れてくっついていて、はがすと破けそう・・・(結局東京に帰るまで、しっとり湿ったままでした)。
取り出す私の手も足の指も水でふやけて白くなっている。

まずはシャワーを浴びて、体温を取り戻し、部屋を少し整理してたら、1時間半ぐらいして完走したガフがチェックイン。
どうやら、ゴールを間違って漁港のほうへ行ってしまったらしい。思いもよらず最後に峠があり、疲労と、暗い上、道案内もなく、ゴールはどこだ!と、焦る参加者の間でデマが飛んだそうだ。実際調べると8.7kmも離れています。。漁港はセンチュリーライドのゴールですね。。


どうあれ、ガブはよく頑張った。

私は一緒に回収車やバスに乗った人の屈託のなさに、さらに挫折感を味わった。

「・・・ああ、完走を諦めても悔しくもなさげな、この人たちと同じカテゴリーか・・・。ダメダメじゃん!」

ガフもシャワーを浴びて、着替えて、やっと夕食。

この秋、参加した3つの大会が全部雨だったけど、今回が1番過酷だった、というガフの言葉に少しだけ諦めがつく。

食事が終わってロビーに戻る時、エレベータで竹谷賢二さんに遭遇。姿勢が半端なく良い!まずは姿勢なのか。

ホテルの駐車場で吹きさらされる自転車たち。

自転車をメンテナンスするガフと、リンパマッサージで毒を出す私。

沖縄の花にはなれませんでした・・・。

ホテルのコインランドリーは皆が洗濯と乾燥で大繁盛。レーパンからビンディングまで。毒だしが終わって、ガフと売店で待ち合わせ。

おサルのマスコットがマロンとイチゴに似て見えるー。いっちゃん、マロン、癒して!

通常宿泊は団体部屋なのですが、私たちは二人部屋でツインにしてもらったせいか広くて綺麗。

なんとか怒涛の1日が終わるも、気持ちが動揺していて、怖い夢とか見そう・・・。

とか、言いながらすぐ寝ちゃったけどね。

この日の当時の感想は、一言。

「は~も~、なんも言えねぇ~~~。」

>>本日のペットホテルからの犬っこ情報。

メールありがとうございます!!
イチゴちゃんの爪きりの件、了解しました☆
帰りの16日にやりますね!
今日のマロンちゃん☆イチゴちゃんメール!!
朝からハイテンションなイチゴちゃん♪
お部屋からでると真っ先に飛んで出てきてくれ、「おはよ~♪」とご挨拶!
マロンちゃんはゆっくりイチゴちゃんの後を追いかけてくるように静かに来てくれました。
ただ、昨日より少し警戒気味!?
ママやパパがいない事に気付いて寂しくなっちゃったかな?
「マロン♪」なんて呼びながら撫でていると、安心したのか甘えん坊さんに大変身!!
その頃のいっちゃんは嬉しそうに店内を動き回ったり、「ママを触るならあたしも~」と割り込んできたりと大忙し!
いっちゃんの方が場所に慣れるのは早いですね☆
でもやっぱり2匹共、人見知りしちゃってます↓
少しでも人にも慣れてくれるといいんですがね。
朝のお散歩は別のスタッフが行ったのですが、いっちゃんは元気よく歩いてくれ
マロンちゃんは途中から止まってしまう事もあったみたいでした。
2匹共、お散歩から戻るとペロリとご飯を完食してくれました!
昼間はダックスのクーちゃんと一緒に店内にでていました!
クーちゃんは1歳にだったばかりのちょっとビビリな女の子。
いつもはビビリなのに、今日は・・・いっちゃんがお気に入り!?
遊ぼう~!と遊びに誘うものの、いっちゃんがクーちゃんの動きに圧倒され気味!?
結局遊ぶ事はできずで、人に甘えていました!
でも吠えたりする事も、怒る事もなく、お利口さんにしていましたよ☆
マロンちゃんは・・お部屋の中に逃げ込んじゃってました↓
その後はマロンちゃん、イチゴちゃんだけで遊びました!!
マロンちゃんもいっちゃんも看板鳥のPJの存在に今日気がついた様子!?
2匹共、興味津々☆
あれはなんだろ~と気になってPJに一点集中していました!
今日の写真はPJに一点集中している姿です。
夜のお散歩はいっちゃんは相変らず元気いっぱい走る走る!!
マロンちゃんも止まりそうになる事もありましたが、ちゃんと歩いてくれましたよ☆
夜ご飯は朝よりペースはゆっくりですが、ちょっとずつ食べてくれていました!
そのまま置いておくので、夜のうちに食べてくれるといいななんて思います!!

6時に起きて準備。まあ、ほぼ終わっているので、あとはザクっと。

8時にペットホテルからワンズのお迎え。

ちょうど1か月前に、イチゴだけ預けられてるので、マロンは「連れていくなー!」と、ばかりに吠えていましたが、あっさり自分もクレートに入れられて、「え?私も?」ってびっくり。イチゴも「行かないー!!」と吠えていますが捕獲。

二匹とも大好きなスタッフIさんのお迎えだから、きっとお店についたら、楽しくなるよ。

ばいばーい。

さて、私たちは、8時半過ぎに2台のタクシーに分乗して品川駅へ。

出勤のラッシュは大体終わってはいるものの、それなりに混んでいる車内。お客さんが乗り降りするたびに、自転車をちょこちょこどけながらクリア。

10時には羽田に到着。

自転車を預けて、ご飯。ANAは自転車に慣れてるので楽だな。

「勝つ」カレー&ビール。

11:35発の飛行機で14:20に沖縄着。

うーん、うす曇り?

荷物受取所でも自転車は専用のレーンから出てくる。

飛行機の中で隣に座っていた女性もなんと自転車乗り。

マイ自転車が出てくるのを待っている。

自転車を受け取り、空港を出たら・・・なんか、空気が湿っているし、なんか降りだしそうな・・・。(口には出せず)

ガフを待っている間に私はさっそくの紅イモソフトクリーム。

売店のお姉さんはいきなり沖縄顔。

さすが・・・。

空港内を行きかう人々が皆、BIGINの親戚みたいな顔立ちです。

バス停のそばでガフを待っていると、続々と到着した自転車乗りが自転車を組み立て、自走で名護を目指して走っていきます。なるしまフレンドのジャージの人も颯爽と前を横切って行きました。

明日からたっぷり走るというのに・・・、ここからたぶん60キロとか80キロとかあるんじゃなかったかな・・・。

私たちも車で1時間ほどかけて名護の宿に到着。なんと高速はタダでした。

宿のスーパーホテル名護はまさに「スーパー」。一通り、必要なものは、なんでもある。

まだ5年目ぐらいなので綺麗なビジネスホテルですが、一般のシティホテル的なものはあり、大浴場、ウエルカムアイス、堅さの違う枕など、ビジネスマンが頼みそうなものは一式、必要十分最低限にそろっている。ベッドもダブルですが、念のためとばかりに交差する感じで2段ベッドが設置されている。朝食のソフトドリンクも自販機などで対応できるようになっていて、すべて合理化されていて人件費も最低限。

全部あるんだけど、すべて最低限なので、魅力的な宿とかではなく、とにかく「至便」。近所にローソン、24時間のマクドナルド、少し行けば、ジャスコやらなんやら、都市に必要なチェーン店も一式揃っている感じです。

しかも、例の隣にいた女性、レンタカーを借りていて、宿もここでした。発想が一緒かっ。

宿へ先に到着していた宅配便を部屋で開梱して、大会に必要のない荷物を持って、大会後に泊まる宿へ持っていく。

宿は山の中にあるので、途中まではナビで行けましたが、これといった目印もなく、電話で近くまで迎えに来てもらう。

気さくな管理人のオジサンのあとをついて、さらに、けもの道のような草を分け入り、宿に到着。思った以上に山奥な気がしましたが、そこは触れている暇もないので、荷物を置いてすぐまた元のホテルに戻る。

ホテルから自転車で登録&説明会へ、行く予定なのですが、私の自転車を組み立てていたガフが、「あ・・・」と。みると私の自転車のフレームにガッツリ傷が・・・!・・・・ショック!!!

全然心当たりないので、飛行機の中なんだろうな・・・・。

あまり、悲しくなりたくないので、考えないようにして、会場の「がじゅまる広場」へゆっくり10分ほど走る。

去年の名護市民会館から、会場が変わり、なんかピンと来ない。

19時開始の説明会はすでに始まっていたのですが、説明会&完走証交付、最後のパーティーはここ「がじゅまる広場」で、荷物預け&スタート&ゴールなどは「名護漁港」とポイントが2か所に分かれているので、その間の自転車の置き場などの質問が多数出る。


とくに初参加らしき人たちは高価な自転車を沖縄まで持ち込んでいるので、自転車の管理について、不安がいっぱいなのですが、主催者側は沖縄人で詳細まで詰めておらず、あくまで「原則自己責任による管理」を主張するも、そもそも、置き場自体が用意されていなかったり、本土の人のイベントに対して求めるものと、ウチナンチューの人の感覚に温度差が激しい。

去年の私たちも、その「てげてげ」ぶりに、呆れ半分、最後には「そんなもんかー」と諦めましたが、慣れていない人の追及は厳しく、「では、その間、管理はどうなるんでしょうか!」と問い詰める。

「それに関しては・・・」と言いながら、私たちには、事務局の人たち心の中の声が聞こえてくる・・・。

「心配しなくても、こういう時は、誰も盗らないさ~」

そして、なんと、配られたカタログに記載されているゼッケンと名前がほぼ全員ズレて記載されてしまっていて、それにも苦情。

「あとで確認しますねー」という事務局に、「いま、この件について、ここで回答をください!」と詰め寄る参加者。仕方なく「自分のが、ずれている人は手を挙げてみてください~」と事務局側が聞くと、8割ぐらいの人が挙手。事務局の人は「・・・これは間違っちゃっていますね!ごめんなさいね」。

ははは~。なんくるないさ~。

ラチがあかないやり取りになってきたので、帰ろうとしていたら、別で参加した六本木の仲間にも会えました。こちらは女性4人で参加のツワモノ揃いです。

帰って自転車をホテルにおいて、20時過ぎには近所の居酒屋たけちゃんでオリオンビール。

マロイチの様子がペットホテルからメールで着て、話題にしていたら、突然ガフが落ち武者の絵を描いて私に見せる。

「なに、これ?」

「似てるでしょ?イチゴだよ!」

「ええええーー」

イチゴ・・・ガフにはお前はこう見えてるらしいよ。。。

隣にマロンを書いてみましたが、いつも可愛くなりすぎて、ダメです。もっと内面がでる感じに描きたいなあ。

帰ってお風呂に入って、2段ベッドにそれぞれ寝る。

明日はガンバロー。少しでも晴れますように!!!

>>>以下、ペットホテルからのメールです。

今日からマロンちゃんとイチゴちゃんをお預かりしている、ドッグマイスターです。
いつも通り、車の中ではとっても静かな2匹!!
二匹でこの展開は・・あたし達もお泊りなんじゃないかしら?なんて話していたのかもしれないですね!(笑)
お店に着いてすぐに店内をフリーにしてあげました♪
いっちゃんは思い出したのかな?
お迎えに行った時は吠えていたけど、お店に着くとケロッとしてさっきと大違い!?
吠えてたのは誰だっけ~?なんて冗談でいうと、いっちゃん知らないよ~!と言っているかのように
尻尾はブンブンで大喜びしてくれていました☆
マロンちゃんは前回は控えめでしたが・・・今回は自分アピールしてくれています!!
いっちゃんがいない隙に近付いて顔をペロペロしたりとかまってアピール♪
でもいっちゃんの方が強いみたいで、いっちゃんが来ると・・マロンまま負けちゃう事も↓
押されてどんどん遠くにいっちゃうんですが、すぐに戻ってきてマロンちゃんも負けじと頑張って甘えていました☆
今回はちゃんとマロンちゃんも来てすぐに自分アピールできているので良かったななんて安心しちゃいました!!
今日は時間もあったので、昼間はほぼずっと店内に出ていました!!
持ってきたサッカーボールのおもちゃがマロンちゃんは大好きなんですね♪
見せたら大喜び☆
早く投げて投げて~!とボールが飛んでいくのが待ち遠しい様子!!
ピョンピョン小刻みに上下に跳ね、たまに「クーン」みたいな声まで出していました。

投げてあげると喜んで取りに行き・・その後を追いかけるいっちゃん。
でもいっちゃんがくわえて戻ってくる事は1度もなく・・。(笑)

そのうちマロンちゃんが追いかける姿を膝の上から眺めていました!(笑)

マロンちゃん、ボールが止まってしまうと取ってこない事も?
動いてないと嫌なのかな?メールを作成中も2匹は甘えん坊で、イスの下からジッとこっちを眺めていたのが・・・最終的に膝に抱っこ~!とアピール開始!!

いっちゃんは自分から軽々乗ってきちゃいました☆
本当に運動神経がいいですよね!!
このメールはマロンちゃんもいっちゃんも膝の上で一緒に作成しましたよ♪
ご飯の食いつきはイマイチ↓
なので、今日はクッキーをあげました!夜のうちに食べてくれるといいのですが。
今回は少し長めのお泊りですが、初日からマロンちゃんもイチゴちゃんも甘えん坊でとっても元気にしていますよ!
お帰りの日まで大切にお預かりさせていただきます☆


Calendar

2018年8月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

いくつになったの

Archives

twilog

携帯用QRコード

QR


  • Doc: Hey, that's powlrfue. Thanks for the news.
  • MEL: >michiさん ご無沙汰です〜。 まあ、いろいろって感じですが・・・ (^_^;A MIKIさんからお聞きになってるかな
  • michi: お久しぶりです。 長い間更新がなかったので何かあったとは思っていましたが… お互いこの歳にもなれば、
  • megumi: >マーレママさん ご無沙汰ですー。いろいろバタバタしておりましたが、やっと再開できました。またよろ
  • マーレ母: お久しぶりです
  • MEL: >ちまきさん ご無沙汰しております! なんだかいっぱいいっぱいで、ブログも 書きなぐりっぱなしで、や
  • ちまき: お忙しそうですね~おつかれさまです! お地蔵さんも涼しげな色に衣替え♪ なんだか毎日暑すぎて、散歩も

About

チョコダップルの小粒のMダックス、母マロンと、娘イチゴ、飼い主MEL(私)と相方ガフの日常のブログです!ウクレレの教習本になぜか「ウクレレはちょうどミニチュアダックスぐらいのサイズです」と、例えてあったのが可笑しくて、このタイトルに決めました。カメラ、自転車が趣味です。デジタルグッズ好きは・・趣味ではなくお仕事(なはず)です。

被災地支援表明ウェブ〔できること〕

支援物資のエントリーはこちらから - 被災地支援表明ウェブ〔できること〕

Twitter